スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい趣味

最近新しい趣味を始めた。

地味ですが、ペン習字。

(-_-)・・・・。

小学校の頃は、自分の字が大嫌いでした。
自分の字を見ると、すべてに対する意欲が遠のくくらい嫌で、
だからノートをとるのがどうしても無理で、
特に国語のノートは書いてる途中で自分が発狂するんじゃないかと思うくらい、
イライラが募ってくるのでノートはとれませんでした。
今思えばひどいな( ̄▽ ̄;)
それでも、大人になると、普通になるもんです。。

さて、ペン習字は、ひらがなの練習からということで、
「あ」、から、「ん」まで書いてみました。
こんな練習何年ぶりだろう。

こうやって一文字ずつ書いていると、
ひらがなにそれぞれ性格があるのではないかと思えてくる。

「か」という字は、勢いがある。
坂本龍馬の「か」(こじつけ?)
喝!も、「かつ」と読む。
篤姫ははじめ、おかつさんだった。おかつの「か」
喝も勝つも活魚の「かつ」も、「か」から始まる。
「か」は強い。
でも、蚊という漢字の上にルビでふる「か」は
あまり強くない。たぶん。

「ち」は、着物を着た女の人が正座している。
それも、「お父さん、それじゃお茶でも入れましょか~。」と、
ちょうど腰をあげるところだ。
言っておくけど、携帯やPCのフォントの「ち」は違う。
ボールペンを手にとり、姿勢正しく書いた「ち」は、気のきく働き者の奥さんだ。
きっとお茶碗もすぐに片付けてくれる。
「お茶なんか自分で入れ!」と言い返す奥さんに見えたら、、
残念ながらあなたの「ち」は下手なのだ。

「さ」と「き」は難しい。
お気に入りは、「ゆ」。
難しいと思いきや、意外にもバランスよく書ける。
「せ」は、眼鏡をかけた男の人。いつもタバコをくわえている。きっと女好きだ・・・

そんなことを考えながら、
字を書く 秋の夜更け
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

おお!

深いね(笑)。
でも私も字の汚さを何とかしたくて練習せねばと考える今日この頃。
特にあて名書きがひどい(;_;)

やまももー、
字を書いている時間に、頭が真っ白になるのがいいよp(^^)q
よかったらやってみて。
プロフィール

あめのち

Author:あめのち
今年で27になる女の子
会社員

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。