スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢は無限大∞

仕事で行ってるお店に、バイトに来てる男の子がいます。
同じ大学の後輩で、テキトーなのに、でっかい夢を語ります。

「僕、今度、就活なんっスよー。
それで、超一流企業を目指してましてー。
○村証券とかー。」

「アンタ、証券会社がどんだけ朝早いか知ってんの??」

「え、朝早いんすか?
じゃあ、無理っスー。」

なんて、甘い彼の考えに、いつもクギをさしているのですが。。

昨日、その超軽いノリの彼が、帰りに休憩室でこんなことを言い出した。

「ここのお店は、僕と同じ大学出身者が多いです。□□さんとか、△△さんも。」

え、そうなの?!
と、実は自分の同級生が二人もいた事実にびっくりしながら、

「でもですね、この店にいる同じ大学の先輩たちは、
皆様、就活をテキトーに終わらせたという法則を発見したッスよ。」

むむ、そうかも・・・。
「で、僕は一流企業目指しますからね、
まず、エントリーシートに書く内容を考えたッス。」

エントリーシートご存知でしょうか?
就職活動で企業の採用試験を受ける際に記入するものなんですが、
こいつがなかなかくせ者。
企業によっては、大きな空欄に「あなたの夢を語ってください(写真、ペン、何を使っても可)」
というような、抽象的な問題を出して学生を苦しめます。

「俺は、そんなエントリーシートにでっかく『無限』って書きますね。」

どっかの学祭のテーマか!

「みんなきっと、細かいこと書くんすよ、僕は違うッス。
広い空欄に、筆で『無限』ただ、それだけ書くんス。
ありきたりじゃないってことで、即採用ッス!」

バーカーめー!!
一流と呼ばれる企業なら、何万って人数が受けると思ってるのか。
何万人もいたら絶対そんなこと書く奴が20人くらいはいる!絶対いる!

必死の反論もむなしく、

「おお、やるだけやってみたら?採用されたらすごいよナァ。」
としゃべってくるのは、
途中から話に入ってきた、実は私と同じ大学の同級生だった△△さん。

なんでこんなちゃらんぽらんな後輩にビシッと言ってやらないのよ?!!!
と、イライラしました。

ところで、そんな休憩室のちゃらんぽらんな話を聞いていた、
春から高卒で働いてる金のたまご、Aくん。
帰り、同じ地下鉄に乗りあわせ、
「俺、大学行ってみようかな・・・。」
と、呟かれたときは、
「あ、うん。。」
と、返答に困ったあめのちでした。
スポンサーサイト

新しい趣味

最近新しい趣味を始めた。

地味ですが、ペン習字。

(-_-)・・・・。

小学校の頃は、自分の字が大嫌いでした。
自分の字を見ると、すべてに対する意欲が遠のくくらい嫌で、
だからノートをとるのがどうしても無理で、
特に国語のノートは書いてる途中で自分が発狂するんじゃないかと思うくらい、
イライラが募ってくるのでノートはとれませんでした。
今思えばひどいな( ̄▽ ̄;)
それでも、大人になると、普通になるもんです。。

さて、ペン習字は、ひらがなの練習からということで、
「あ」、から、「ん」まで書いてみました。
こんな練習何年ぶりだろう。

こうやって一文字ずつ書いていると、
ひらがなにそれぞれ性格があるのではないかと思えてくる。

「か」という字は、勢いがある。
坂本龍馬の「か」(こじつけ?)
喝!も、「かつ」と読む。
篤姫ははじめ、おかつさんだった。おかつの「か」
喝も勝つも活魚の「かつ」も、「か」から始まる。
「か」は強い。
でも、蚊という漢字の上にルビでふる「か」は
あまり強くない。たぶん。

「ち」は、着物を着た女の人が正座している。
それも、「お父さん、それじゃお茶でも入れましょか~。」と、
ちょうど腰をあげるところだ。
言っておくけど、携帯やPCのフォントの「ち」は違う。
ボールペンを手にとり、姿勢正しく書いた「ち」は、気のきく働き者の奥さんだ。
きっとお茶碗もすぐに片付けてくれる。
「お茶なんか自分で入れ!」と言い返す奥さんに見えたら、、
残念ながらあなたの「ち」は下手なのだ。

「さ」と「き」は難しい。
お気に入りは、「ゆ」。
難しいと思いきや、意外にもバランスよく書ける。
「せ」は、眼鏡をかけた男の人。いつもタバコをくわえている。きっと女好きだ・・・

そんなことを考えながら、
字を書く 秋の夜更け

秋ですね

むくみが気になるお年頃です。

指を脚に押し当てて、離してみて下さい。
そこにくぼみができていたら、むくんでいる証拠なんだとか。

自分の脚を押してみて、

何事もなく、

安心してたら

次の日、

押した部分がアザになっていた。

そういう細かいところで、

なんだか悲しくなる26歳

にゃんこのいる家

ミーちゃん(猫)が癌の手術をしました。
腎臓が弱っているので、麻酔に耐えられないかもしれないのと、
手術した後、弱ってくる場合もあると言われていて、
「もう会えないかもしれないにゃあ(┬┬_┬┬)」
(なぜ私までにゃあ?)
と、手術前、涙ながらに見送ったものです。

おかげで手術は成功したそうで、
ミーちゃんは無事帰ってきました。
手術後の第一印象が、

鳥ガラ!!

胴体を包帯でぐるぐる巻きにされていて、自慢の毛が
胴体に1本もなく、
ぱっと見はげてるみたい。
今まで毛覆われていてわかんなかったけど、
ミーちゃんの胴体は、私のふくらはぎと同じくらいの太さなんです!

ああうぅーこんな姿になって~(┬┬_┬┬)

しかも麻酔がまだ抜けないせいで、
ソファー背もたれの上を歩くつもりが、
ゴロンゴロン転がっていく。

羽毛布団を置いて、電気あんかを入れた。
ミーちゃんのベッドの完成じゃ。
手のひらにキャットフードを乗せて口まで運び、
水も口元まで持って行った。
おしっこは私が連れていくよ。
ギャアギャア鳴くのをトイレまで運ぶ。

そして今日も
「もしもしお母さん?今仕事終わったけど、ミーちゃん元気??」
仕事終わりのの電話が日課になった。

ネコごときで家族じゅうが振り回されてるうちの家。
まったく幸せな家だにゃあ。
プロフィール

あめのち

Author:あめのち
今年で27になる女の子
会社員

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。