スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう限界!

携帯電話は使い始めるときりがなくて、
パケット定額にしていたら延々とネットの虜になってしまいます。
もうやめようと、6月から携帯はネット絶ちしてたんですが、
そうすると趣味のブログが携帯で書けない。
通勤中の電車も暇。
誘惑には勝てなかった。。。

携帯で書くぜ!
スポンサーサイト

気になるなあ

うちの近所から、夜中、時々音がするんです。
(しないときもある)

なんていうか、
ブーンブンブンブンブゥーンっていってる。
芝刈り機で草刈ってるような音。

かなりの音量です。
「昼間は暑いからきっと夜中に芝刈りしてるんだな」と、
考えてたが、やっぱりそれは違うよね(笑)

あ、さっきまで鳴ってたのに止んだよ。

そして訪れる夜の静寂。

月と夜と雲が一緒になって、
ひとつの絵を作る。
今日は雲がかかってるみたいだよ。

ところであのブゥーンの正体はなんなのか、教えておくれ。

テクマクマヤコン

さっき、しょこたんとKATTUNがテレビに出ていて、
KATTUNの二人を連れて、しょこたんの大好きな、
まんだらけという、漫画&アニメグッズの専門店に行くという番組をやってたの。
しょこたんは、コスプレで萌え、
グッズ専門店では、視聴者の多くは知らないであろう、アニメのおもちゃを嬉しそうに買っていました。
まあいいよね、しょこたんだものね!

そして最後、しょこたんの私物にいくらの値段がつくか?!と、
買い取ってくれる店に持ち込んでたのが、あれですよ!
ひみつのアッコちゃんの、テクマクマヤコンコンパクト!!

コンパクトを開けて、真ん中の金色の部分に触れると、
ルルルルル!って音がなるの。
ああ、うちにもあったなあ、、、懐かしい(#^.^#)って見ていたら奥さん!!

ギザ高ユス(あれ、使い方あってる?笑)
2万5千円だべ

エーッ!!!!

りんりん、次の休みは押し入れを捜索じゃ!!

タイトルなし

食後にコーヒーなんか頼むんじゃなかった。
目が冴えて眠れない。

今日は出張で、とある町へ来ています。
一人でベッドに寝ていると、
一人でいる不安が押し寄せて来て、
いや、いつも寝るのは一人なんだけど。
このままずっと一人でいるんじゃないか、
一生一人だったらどうしようなんて思えてきて、
なんだか希望が持てません。

さっきの、同僚との会話。
「もう夏やで・・・。」
「激ハヤやな。」
「たぶん、あっというまに冬やで。」

そんな話は聞きたくない!!!

こんなに一生懸命毎日送ってるのに、
寂しい毎日。

最近凝りだした手相を眺めてみました。

この日記の読者には申し訳ありませんが、
この話にオチはありません。
今日はそんな余裕はありませぬ・・・
おやすみ。

姉妹の会話2

あめのち「今日、億万長者を夢見て宝くじを買う夢を見たわ。」

りんりん「買いに行かないと!」

あめのち「それでな、3億の使い道を考えてたんやけど。」

りんりん「ふむ。子供にお金を渡すとバカな子に育つに違いないから、自分で使い切らないとね~。」

(貧乏な家に育つとこんな思考になります。)

あめのち「そうやろ??どうやって使う?」

りんりん「3億あったら、不動産投資はどう?大家さん。」

あめのち「それでは使うどころか、儲かってしまうよ。」

りんりん「そうかー。(>_<)」

あめのち「暇は嫌だから仕事はしたいなあ。」

りんりん「わたしも。でも、億万長者になれば、家に生活費を渡さなくてもいいよ。」

あめのち「奨学金の返済も一括で支払えるし。」

わお、どーやって給料使い切ったらいいの?(┬┬_┬┬)

あめのち「定期預金に入れたら、金利が仮に1パーセントつくと、
3億入れたら税金ひかれても年で240万、、、」

りんりん「減らないよう(;´・`)」






という、バカな会話を続ける姉妹でした。

姉妹の会話

りんりん「今日、新しくできたセルフのスタンドに行ってきたわ。」

あめのち「ふうん。」

りんりん「セルフ初めてやから、店員さん呼んだの。」

あめのち「ほうん。」

りんりん「そしたら、超おめめキラキラのイケメンが出て来て!」

あめのち「うん。」

りんりん「やり方をそれはそれは、丁寧に教えてくれたの!」

あめのち「よかったね。」

りんりん「そのイケメンに、タイヤを交換したほうがいいですよって言われて」

あめのち「交換したんか。」

りんりん「そうそう!前から気になってたから~!!」

りんりん「その後、見送りもね、おめめをキラキラさせながら、
『お気をつけて!』だって。!だからだから!!」

あめのち「なによ」

りんりん「おねいちゃんもそのスタンド行ってー!!!」

そうやって嬉しそうに話す、りんりんのおめめが、とってもキラキラしていたよ。

求めることに終わり無し

最近うれしいのは、本当に!!肌荒れが良くなってきたことです。
ブツブツはあまり出なくなったけれど、
こめかみのはなかなか治らなかった。
最近はそれも治ってきました。

ワ~キレイね~\^o^/
女の子ならわかると思うけど、
きれいになったら、鏡をいつまでも覗き込んでしまうわね~(^O^)

ん、なんやこれ。

それは目の下の茶色い点。

シミ・・・・?!

ブツブツの次は、シミが気になるお年頃、26歳。
次は美白化粧品を揃えようとしている私でした。

エールをおくる

この前、仕事帰りにいつもの駅の階段を上ろうとした時だった。

「だからぁ、あんたの声はキレイだとは思うんだけどー、ツンツンしてるっていうかぁ。」
「そうなんだ。」

なんか聞いたことあるフレーズ。

もしや!(゜▽゜)

階段を上ろうとした足を止め、
側に立っている柱の陰に隠れて、携帯を開いた。
もちろん、柱にもたれて携帯をいじってるふり。
耳は、柱の向こう側の大学生らしい3人組の会話をキャッチしようと必死だ。

さっき話していた女が、今度は別の男に向かって話す。
「逆に、アンタの声はこもるというか、、もっと主張してもいいと思うんだよね。」
「自分ではわからないなあ。」

頭の中で、学生時代のサークルを回想していた。
私がいたのは、ある大学の混声合唱団でした。
団員とぶつかり合い、時には涙することも多かった日々。
母校の学生もよく利用するこの駅で、「あなたの声はどう」ですと??
こんな会話をするなんて、
きっときっと!!

「私も、こういう事をはっきり伝えて、もっとうまくなってほしいと思うしぃ。」
「それはわかってるよ。」

柱の陰にへばりつき、
おそらくその駅の中で、いちばん興奮していた私は、
その知らない青年たちに、心からのエールをおくっていました。

月夜

夜中の3時、

ニャオーン

にゃおー!

ニャオーン!

にゃおー!!!

ニャオー!!!
にゃおー!!!

フーッ!!!

ガサッ!(攻撃していると思われる音)

にゃおー!
ニャオーン!

にゃおー!
ニャオーン!

よそのにゃんこが、こんな調子で30分くらいやっていた。

(┬┬_┬┬)寝られぬ!

口開けて寝たらダメだよ

今朝家を出るときに、はて(゜▽゜)・・・・
携帯がない!?

鳴らしてみたけど音はせず。
もしや昨日職場に置いて来たのでは!と
探してみたけど見当たらない。
会社から借りてる携帯なのに!!落としたら怒られるよ~(┬┬_┬┬)

ダメもとで地下鉄に電話した。
「落とし物したかもしれないんです。」
「いつですか?」
「昨日の夜、黒い携帯で、機種は○○っていいます。」
「はい、ありますよ。」
エエッ!!!
ダメもとで電話したのに。こんなにあっさり見つかるなんてー!
そういえば昨日の夜、
疲れから電車で爆睡してました。
いつ落としたのか、全く覚えてないな、あ~よかった!!
拾ってくれた人ありがとう!

ヘルメットしててよかったと思う瞬間

玄関のドアを開けると、

ポトッ

と何か落ちてきたわと地面を見たら、
カラフルな色したムカデちゃんが踊っていて思わずギャアアア!!

タイトルなし

昨日部屋を掃除してたら、
とある本が目にとまりました。
「オニババ化する女たち」
何年か前流行ったなあ。
その場でページをめくってしまいました。
前にギャグマンガの紹介してたけど、これはちゃんとした本です。念のため。
その本は、女性として生きることについて書かれており、
つまりは・・・
早く結婚、出産をして子供を育てることは、
女性として生きる大変重要なことであり、
それを忘れて仕事や趣味に打ち込み、
そんな女性を認めて結婚や出産を重要視しない現代の風潮に警笛を鳴らす一冊です。

私はこの本と全く正反対のことをしている・・・

一応大学出たから、大手に就職したから、お金がないから。
なんて理由で仕事を続け、
結婚願望は?と聞かれたら、
30歳くらいまでいいや~。とはぐらかしてはいるものの、
でもやっぱり女の子だから、結婚したいし、彼氏欲しい!って強く思ってる。
自分の痛いところをつかれてるみたいで涙がボロリと出ました。

いつまでも一人で心が満たされないままでいると、
昔話に出てくる「オニババ」みたいになるよ。

タイトルなし

この前友達が入院したんでお見舞いに行こうと、
「何か欲しいものある??」って聞いたら、
「デトロイトメタルシティ!」
って言われた。

何かと思ったら、マンガなんですと。
本屋で派手な表紙のコミックを見つけ、彼女のもとへ。
彼女は受け取ると、
「ありがとう~!これ流行ってるらしいで~」
と、素敵な笑顔を見せてくれたので、
自分でも買ってみました。

。。。(∪o∪)。。。\(゜゜)☆☆☆

気の弱い男、根岸宗一は、本当はオシャレでポップな音楽がやりたいのに、
事務所の命令で、
白塗り、ペイント、長髪を振り乱し、メタルロックバンド、デトロイトメタルシティのボーカルをやっています。
本人の嫌々な気持ちとはうらはらに、バンドの人気は上がっていき、、、
という、ギャグマンガ。

なるほど、こりゃ面白いわ、ギャハハハハ!!
夜中ってこと忘れて、声出して笑いながら読みました。

しっかし、シモだね。。
普通、下品な言葉は、○○○○ とかいうふうに伏せ字で書いてあるもんだけど、
そんなことお構いなしに「××××!!」と、堂々と印刷してある本は初めて見たよ。

良い子は読んじゃダメだよ!(笑)

タイトルなし

この前、久々にヴィレッジバンガードに行ったら、超実用的な本を見つけた。
旅行で使うフランス語会話の本なんやけど、
例えばレストランの項目を開くと、
「パンをください」
「水をください」
「カードで支払います」
などの一言が表になっていて、
何かしゃべるときは、本を開いてその一文を指を指しながら、
「デュパンシルブプレ!」(パンをください)

って使う。あらほんとに実用的な本ねえ。

この本に姉妹版が出てて、恋するフランス語会話

こちらは、優しいフランス男(略してフラ男)をゲットするまでの方法と会話表現が書かれています。
それは、
「どこからきたの?」
「私の名前は、、」
からはじまり、
ベッドの中の会話まで教えてくれます。
「愛してる」ってな事から、
「○○つけて。妊娠したら困るわ」みたいな(笑)リアルだね。

こんな外国語のテキストがあったら、マスター早いよね!
思わず読み耽ってしまい、
買おうかなと思ったけど、
こんな本がうっかり親に見つかったら心配されるんじゃなかろうか、
なんて頭をよぎったのでやめましたぁ(笑)
フラ男をゲットしたい方はぜひどうぞ!
プロフィール

あめのち

Author:あめのち
今年で27になる女の子
会社員

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。