スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しいしらせ

青空の下、バス連なり、ちっとも前へ進まなかった今日、

仕事に遅刻した。。。(-_-#)

でもいいよ。
こう、天気がいいと「ゆっくりしなさいよ」と、
言われてる気がするのはわたしだけ?(笑)


今日ね、嬉しいことがありました\^o^/

ずっと連絡をとっていなかった小学校の同級生からメールがきて、
なんと、結婚するからパーティーにきてほしいって!!
連絡先も知らなかったのに、人に聞いてメールくれたんだって。
最後に「また遊ぼう」って。。
あぁうぅ(┬┬_┬┬)感動して泣きそう~。

25、26歳で結婚ラッシュがあると聞いたけど、その通りかも。
今年1人結婚したし、結婚決まった友達もいるし、
また1人結婚するんだな~。
早いなあ、そんな歳。

えへへ、パーティーの服買いに行こ~(^^)♪

パーティーのことを考えると、
今から感動して涙ぐんでます。
早いか。

スポンサーサイト

今日のわたし

人の心は天気に左右される。

太陽の出る時間が短い、北欧の国は自殺が多いとか。

朝7時、目覚まし時計が鳴る。

じゃない、

それよりもずっと強烈な起きなさいコール 。

あたたかく、それでいて強烈

太陽は時間に正確ですから。
この窓からの照射時刻を待ってはくれない。
スヌーズ機能なんてない

太陽の周りを地球がまわる。

エコや温暖化で心配されている地球。
みんなの地球、母なる大地とあがめられている地球も、
しょせん太陽の周りをまわっているだけなのだ。

太陽に決められたこと、
時刻、水の存在。
閏年がめんどうなんですけれどもという人々の言葉にも、耳を貸さず、
365日とほんの少しで、
地球がまわろうとも、
自分は動かない。


太陽はすごい


昨日気にしていたこと、
寒くて携帯を片手に毛布を被り、
震えていたこと


きっとそれは、10年前のことに違いないな。

外に出ると、

「わたしの人生は明るい 」

思わずそう、言葉が出てしまった今日のひは、
昨日より今日にかけてのあめのちはれ。



久しぶりの、、、

髪の毛切ったんですよ。
バッサリと。

以前、切ろうとした時はもったいないと思って
踏み切れなかったのに

昨日は美容師さんに会うなり
「切ります!」と宣言してしまいました。
あ、だからと言って、ちゃんと挨拶を忘れてはいけない。
いつも頼んでるこの美容師さん、仮にAさんとしましょう。
結婚されたそうで、
ハガキがきてました。
「ご結婚おめでとうございます。」

Aさんはいつも丁寧だ。
どんな風にしたいか、
髪の色はどんな風にって、
一番最初に来たときから、丁寧なのはずっと変わらない。
髪の毛は暗いので、明るくしたいけどあんまりやりすぎると何か言われそう。。
って言ったら、
「ところどころにメッシュみたいに入れたら明るくなりすぎないですよ」
と、
ほんとにぴったりの色にしてもらえました。

昨日も、「これくらいの色に。。」
と言ったら、
ほんとに思った通り。
いつも行ってるからというのもあるけど、
Aさんのように仕事ができたら指名もたくさんくるし、
よく私が以前に「こんなふうに切った」とかいうことを細かく覚えてられるなあと、、、

私も接客業ですが、できません(笑)

あぁ、寝そう。。。
(∪o∪)。。。

そういえば、もう3年も、同じ美容院行ってるのに、
店長さんは誰なのか??というのがいつもわからなかった。
いついっても若い人たちばかりなもんで、

なぞ~!!??(゜Q。)??

って、聞けばいいんですけどね。

帰り際、
「またお願いします。」

最後に渡された、Aさんの名刺に

「○○店  店長」

あ、Aさんが店長だったのね(笑)


わたしの上司

ちっ
上司よりも、自分のほうが年上になってしまった。。。(-_-#)

私の上司は、私よりも一つ年上だと聞いていて、
第一印象は、仕事できる人だなあというもの。
大クレーム起こしたときは、頼りになると思ったものです(苦笑)

ところがある日、
歳をごまかしていた事が判明。

実は同い年だった。

一つ上とかいう微妙な嘘ついて、
何のプライドを守りたかったのか。
男はよくわからん。

4月も半ば。
自分が誕生日を迎えたことを思い出すと、

そういえば、
上司より年上になったんだと気付いた。


久しぶりに店に顔を見せた上司に、
「私のほうが年上になったよ~」と告げた。

「誕生日いつなん?」
「4月8日です。」
「8日、ようか生まれだから、名前がようこなのか??」
(念のため。わたしの名前はようこといいます。)

予想外の質問に戸惑い、
しかもなんか納得の答えかもしれない。
8日生まれだからようこと名付けたのかもしれない。

「そうなのかな、そんな気もしてきた。。」
「おぅ。」
「でも、わたしは生まれたとき、優美っていう名前だったんですよ。」
「優美?!、、、、」
「どうしたんですか。」
「おいおい、ゆみっていう顔じゃないぞ、」
「ええ?」
「ゆみ顔っていうのがなんかあるやろ。なんというか、、、」
「はあ??」


年をごまかした上に、「ゆみ顔」
という造語を残し、来月のシフト作成が忙しいと、足早に去って行った上司。

私の上司はこんな人です。


ところで「ゆみ顔」ってなんでしょう。
この中で、ゆみさん見てたら何か返事しなさい。

ようこより。



他人の春

急げ!!と、いつもの電車に走って乗ったわたし。

違う車両にのるため歩いていると、
知り合いに会いました。

「おはようございます。」
「ああ、おはよう。」

ん、

なんかおかしい!(@_@)
こんなところに住んでる人じゃないのに。

「彼女がこの辺住んでるんですか。」

「ははは、違うよ~」

ますます怪しい。
前もこの電車乗ってたもんな。

まさか、、、

「こんな電車に乗ってるなんて、、、
まさか、、、、まさか○○ちゃんと付き合ってるとか?!」

「あ、、、そうそう。知ってた?」


なーんだ!○○と付き合ってたんだ。
へーえほーお(-_-)


そんなこんなで、
通勤途中、

恋の話で盛り上がってしまった。


身近な人からそんなことを聞いたら、
なんだかうらやましくなって、、、

春だね。


ふつかめ。

箱根ふつかめ。

ロープウェイに乗って、山に登ると、
山のあちこちから、もうもうと煙が出るところに到着。
山には緑がなく、土がむきだしになっていて、
いくつか小屋が見えています。
ロープウェイから見ると、人がありんこのように群がり、
小屋に向かって歩いていく。。。
そして、その道のあちこちに煙が吹き出している。

。。。地獄絵図!


母と妹と、その光景があまりにも面白かったので、
降りて 歩くことにしました。
温泉たまごが食べられるんだとさ
駅をおりると、うっすらガスの臭いがしました。
「有毒ガスが出ます。立ち止まらないでください」

という看板を見た。
ますます地獄らしいわ! (笑)

むきだしの山を歩き、温泉たまごを買って、はいチーズ!

かしゃり。

なかなか楽しかったよ。

ここを、大涌谷といいます。
みなさまもぜひいかが。




はっこねっのやっまは~♪

いざゆかん、日本の心、富士を見に\^o^/

たまには親孝行しようと、
妹と一緒に、母親を箱根へ連れていきました。

ところが、富士山は雲に阻まれ、なかなか見えず。。。

ロープウェイに乗っても、高いところに上っても、
ぼんやりとしか見えませんでした。残念(-_-)

箱根って言っても、いつも見えるわけじゃないのね。


ケーキになぐさめられた

バースデーの日、
小さい頃は、丸いケーキとプレゼントを楽しみにしていた日。

昨日帰ったら
「今日は残りものを食べる日よ~」
と、前の日のカレーと時間がたったご飯が出てきて
ケーキの影すらなかったので、
一人でお風呂に入ったときに涙が出たものです。。。


何泣いてんねん私(笑)

今日はささやかながらケーキが出てきたので安心しました。


本当は面倒見の良い彼氏にケーキ買ってもらって
プレゼントもらうのが夢だったわ。。

ふん、がんばろ。





銀色だと思っていた

地下鉄のシートの
隣にある鉄のポールは

おうどいろのたての線があって
黒い模様もあって
おまけにところどころ白が入り込んでいて
私が少し首をうごかすと
青いドットが見えるよ
まるで色のデパート

駅に近づくと、パネルを反射させてオレンジが
めまぐるしく回転し
私が側を通ると
私を写した

銀色じゃないよ

決めつけるのは
あなたですか

何ら変わりない春の一日

そういえば、
夜の1時に目を覚まして、今日誕生日だと思い出したんだね。

今日はお花見

会社の人たちと、公園へ行って、お寿司を食べて、
ピザを届けてもらって、
仕事の愚痴をつまみに・・・
違うか。
桜を見ながら酒を飲むという行事に参加した。

でも実際は上を向く暇もなく、
隣を向けば、同僚が愚痴る。
サラリーマンだから、仕事が辛いのはわかるけど、
転職してやるといいながら
何年も続けているのは、職を変える勇気がないんだなと思いながら、
同僚の泣き言に付き合った。

私は愚痴は言わないぞ。
自分で選んだ道だもの。


私は桜が満開のときに生まれたと、両親に聞きました。
桜はいいね。
毎年さぼらず裏切らず、私たちを楽しませてくれるもの。

そんな大人に26歳になりたいと、思った1日でした。

で、どやさ

あれから一週間たってから書いてますが、同窓会は行ってよかったと本当に思いました。
目立たなかったのに、ものすごい美人になった女の子や、
結婚した女の子。
近所にいたけど、東京に行った男の子。

25歳て、一番いいのかも。
10代のぎすぎすした時代も、
通り越したら思い出。
みんな許せるね。

話しにくかった人たちとも話せて、
よかったです。

幹事さんありがとう。

そんでうるさくてすんませんでした。

何回も「しぃずぅかにしてクださぁい!」
て注意されたね。
まるで小学校の終わりの会で、日直が言うてたことみたい(笑)
言うておきますが、

「静かにしてください」
じゃなくて

「しぃずぅかにしてクださぁい!」
どす。

関西のコテコテのアクセントで絶叫したらこうなるんどす。

これが言えたら、アンタは関西の人や!


プロフィール

あめのち

Author:あめのち
今年で27になる女の子
会社員

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。